医薬品の個人輸入について

医薬品・サプリメントの購入について

 

医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を業として輸入する場合は、厚生労働大臣の許可が必要です。


しかし、個人が自分で使用するために医薬品等を輸入することは、薬事法で認められております。
また、個人の使用目的のために、個人輸入できる数量は制限があります。(1ヶ月分)個人輸入した医薬品を販売・譲渡することはできません。

 

購入の注意点

 

医薬品、医薬部外品など自分で使う場合なら、薬事法に定められた制限内の数量であれば、個人輸入代行が認められています。(現在は1か月分の使用量までが認められています。) 

輸入を希望される場合は、あらかじめお医師や薬剤師にご相談にのって、自身での情報収集にて薬品の効能、効果、用法、用量、副作用、使用注意点などに関して知っている上で、自身の判断によってご購入して下さい。


購入されるサプリメントには、日本ではまだ未承認医薬品もあり、個人で使う限りに個人輸入が認められております。個人輸入した未承認医薬品などを、他者に販売、贈与などした場合、薬事法の違反となります。

必ず輸入サプリメント購入の意味合いを理解の上でお申し込みください。 


輸入の自己責任について


入手した医薬品は、輸入者の自己責任で服薬してください。受け取った後、万が一トラブルが生じても責任は輸入者個人の責任となります。